ヤドカル

民泊運営でよく起こる「マナー違反トラブル」とその「回避法」とは?

タイトル画像

民泊でよく起こるマナー違反トラブルは何なのか?
民泊のマナー違反トラブルの回避策はあるのか?

といった疑問はありませんか?

この記事を読むと、

POINT
  • 民泊でよく起こるマナー違反トラブルについて
  • 民泊のマナー違反トラブルの回避策

を知ることができます。

民泊運営をしているオーナー様の頭を悩ます事の一つに、「宿泊者のマナー違反によるトラブル」があります。予め宿のルールを決めておいても起きてしまうトラブル、どのように対策をしておけば回避ができるのでしょうか?この記事では、民泊の宿泊者のマナー違反によって起きるトラブルの回避策をご紹介していきます。

まずは、民泊運営で「よく起こる」トラブルとはどんなものがあるのかを見ていきましょう。

民泊運営で「よく起こる」マナー違反トラブル5選!

トラブルが起きて悩む男性

民泊運営でよく起こるトラブルを見ていきましょう。

  • 深夜の騒音
  • ゴミの不法投棄
  • 備品の盗難
  • 部屋の破損
  • 部屋を汚す

民泊の宿泊者によるトラブルは、騒音や盗難、部屋の破損などが多く発生します。よく起こるマナー違反について、詳しく解説していきます。

トラブルその1:深夜の騒音

騒音に苦しむ男性

民泊宿泊者によるトラブルでは、深夜帯の騒音によるトラブルが起こります。宿泊客が0時すぎに帰宅し、大声で話したりボリュームを下げずにテレビを見たりすることで起こるトラブルです。民泊オーナー様が同じ物件に住んでいる場合、生活の障害になることはもちろんですが、騒音は近所迷惑にもなります。騒音が続けば、それが原因で近所トラブルを巻き起こしてしまう可能性もあるのです。

トラブルその2:ゴミの不法投棄

ゴミ置き場のゴミ

民泊宿泊者によるトラブルでは、ゴミの不法投棄も発生します。ゴミのルールは地域によっても様々です。宿泊者がルールを守らず、生ゴミをそのままゴミ捨て場に捨てていたり、可燃ゴミの日にビンや缶などを大量に捨てていたりするトラブルです。地域のルールを守らないことで、近所迷惑になるだけではなく、近所の民泊施設に対する評判も悪くなってしまうのです。

トラブルその3:備品の盗難

お金を盗んでいる人

残念ながら民泊運営では、民泊宿泊者による備品盗難のトラブルも多く発生しています。宿泊者が、トイレットペーパーやシャンプーなどの消耗品や、キッチン用品などの備品を持ち帰ってしまうのです。チェックアウト後に気付いても、宿泊客とすでに連絡が取れなくなっているケースもあります。

トラブルその4:部屋の破損

割れた窓

民泊宿泊者による部屋の破損も、民泊運営に多いトラブルの一つです。窓ガラスや照明を壊されたり、キッチン用品を壊されてしまうトラブルです。ほとんどの宿泊客は旅行などで宿を利用しています。そのため気分も浮かれていて、お酒を飲みすぎてハメを外してしまい、破損につながるケースもあるのです。

トラブルその5:部屋を汚す

汚れた靴

民泊宿泊者の中には、海外からの利用客も多くいます。国の習慣の違いで、土足で部屋を利用していたりトイレの使い方が間違っていたりするのです。通常の清掃では落としきれない強い汚れであれば、清掃するために宿の運営を止めなければいけません。人気宿であれば、翌日には違う宿泊客の予約が入っている可能性もあります。部屋の汚れは、宿の売り上げにも影響してしまうトラブルとなってしまうのです。特に海外からの宿泊客には、工夫して使用方法を伝えておく必要があるのです。

次の章では、この5つのマナー違反トラブルの回避策をご紹介していきます。

民泊の5つのトラブル回避策

ルールが書かれた紙とコーヒー

民泊宿泊客のマナー違反トラブル回避策としては、ルールを明確化することが何よりも大切です。ルールは決めただけではなく、しっかりと伝えて理解してもらうところまでがポイントです。「伝え方」や「見せ方」にも工夫が必要なのです。トラブル回避策になる「例」を5つご紹介します。

  • 深夜の騒音を防ぐために、宿の門限とテレビボリュームなどのルールを決めた
  • ゴミの不法投棄対策として、室内にゴミの分別BOXを設置した
  • 備品の盗難対策として、必要以上の消耗品ストックは置かないようにした
  • 部屋の破損のトラブル策として、保険に加入した
  • 部屋を綺麗に使ってもらうために、英語での案内やマナー表を置いた

このような回避策を取っておくことで、トラブルの起こる可能性は下がると言えるでしょう。それぞれの回避策を詳しく説明していきます。

回避策1:深夜の騒音を防ぐために、宿の門限とテレビボリュームなどのルールを決めた

テレビとテレビリモコン

民泊施設の門限を設けることは、深夜の騒音を防ぐことに繋がります。門限について書かれた紙などを見せて、チェックイン時に了承をもらうようにしましょう。また、テレビのリモコンをおく場所などには「22時以降はTVボリュームは最大20までとさせていただきます」などの注意書きを置いておきましょう。より具体的に提示することで、利用者に伝わりやすくなり騒音を防げます。

回避策2:ゴミの不法投棄対策として、室内にゴミの分別BOXを設置した

室内のゴミ分別BOX

室内にゴミの分別BOXを設置することで、ゴミの不法投棄の対策になります。缶や瓶などの分別箱があれば、大量に飲み物を飲んだ後などにも置き場に困りません。部屋に設置が難しい場合は、地域のゴミ出しのルールを明確に知らせておきましょう。部屋に張り紙をしておくこともおすすめです。

回避策3:備品の盗難対策として、必要以上の消耗品ストックは置かないようにした

トイレットペーパー

トイレットペーパーやシャンプーなどの消耗品は、必要以上にストックを置かないようにしましょう。シャンプーは詰め替えボトルを使用するようにして、ボトルに宿の名前を書いておくだけでも盗難防止になります。キッチン用品などは、高価なものを使用せず安値で手に入るものを揃えておくと良いでしょう。

回避策4:部屋の破損のトラブル策として、保険に加入した

保険に加入する男性

部屋の破損は誰にも予想できないものであり、宿泊者が意図せずに破損する可能性もあります。一番の対策としては、一般社団法人民泊民宿協会の「民泊運営者のための補償サービス」に登録をしておくことをおすすめします。宿の破損で自己費用を使って修理した場合などに、補償を受けることができるサービスです。

「民泊運営者のための補償サービス」

回避策5:部屋を綺麗に使ってもらうために、英語での案内やマナー表を置いた

英語で書かれた注意書き

民泊施設には海外からの利用客も多いです。そのため、日本での当たり前のマナーが通用しない場合もあります。特にトイレや玄関などのマナーは、国の違いが出る場所です。靴を脱いでもらうことや、洋式トイレは座って使用することなどを英語で説明した張り紙を用意しておきましょう。

民泊運営のトラブルは、工夫次第で回避する事ができます。民泊の「トラブル予防」に必要な5つの備えとは?【事例と対策法】の記事では、過去に起こった民泊トラブルの事例を紹介しています。事例を知っておくことでトラブルの回避にもつながるはずです。民泊トラブルの事例をさらに詳しく見たい人は、下のリンクをクリックして記事を読んでみてください。

・参照元URL:https://yadokaru.com/marketing/trouble-prevent/

トラブル対策をして「ストレスのない」民泊運営をしよう

民泊の宿には、顔も知らないお客様がやってきます。日本国内だけではなく、海外からの旅行客も多く利用することになるでしょう。オーナー様のストレスがなく運営するために、宿のルールを明確化して、宿泊客に伝わる工夫をすることが大切です。スムーズな民泊運営のために、トラブル対策をしっかりと行なっていきましょう。