ヤドカル

民泊の始め方!初心者でもできる簡単な5つの手順を徹底的に解説!

タイトル画像

民泊を始めるには何から始めればいいの?
民泊を始めるための手順が知りたい!
民泊を始めるための注意点はある?

といった疑問はありませんか?

この記事を読むと、

POINT
  • 民泊を始めるための基本の手順
  • 民泊を始めるために必要な基礎知識
  • 民泊を始めるための注意点
  • を知ることができます。

    民泊を始めるには何から始めればいいのか、、とお困りではないですか?民泊ビジネスは、ここ数年で大きく伸びています。そのため、ビジネスへ参入している人のほとんどが「初心者」なのです。

    失敗せずに民泊運営をするためには、民泊を始めるための基礎知識や基本的な手順を知ることです。この記事では、初めて民泊運営をする人に向けた基本手順を説明していきます。

    さっそく、民泊の始め方で絶対に外せない5つの手順を確認していきましょう!

    民泊の始め方で絶対に外せない5つの手順とは?

    チェックシートの画像

    民泊の始め方で必要になる手順は、大きく5つあります。全ての工程を正しく済ませることで、無事に営業をスタートさせることができます。

    民泊の始め方に絶対に外せない5つの手順は以下の通りです。

    1. 宿にする物件を用意する
    2. 物件の設備を整える
    3. 法律に基づいて運営方法を決める
    4. 運営許可をもらうための届け出の準備をする
    5. 営業開始に向けた準備をする

    民泊は、宿となる物件の準備から、宿泊客の集客までをしっかり行うことで営業開始ができます。手順については、次の章で詳しく解説していきます。

    民泊の始め方における5つの手順内容と方法

    設計図とパソコン

    民泊の始め方で必要な、5つの手順内容と方法を紹介していきます。細かい手順は、民泊の運営スタイルや物件によっても変わってきます。今回は、全ての民泊に関わる基本的な手順でご紹介していきます。

    手順その1:宿にする物件を用意する

    民泊を始めるための最初の手順は、宿となる物件を探すことです。人によっては、自分の持ち家またはマンションの空き部屋などを利用するケースもあります。ですが、ほとんどの方は初期費用が最小で抑えられる賃貸物件でスタートをします。

    民泊を賃貸で行う場合は、家主や契約先との契約内容が非常に重要です。物件の場所や内装だけではなく、民泊としてビジネス運営が可能かどうかをしっかりと確認して選ぶようにしましょう。

    手順その2:物件の設備を整える

    物件は、宿泊客が利用するための「宿」になります。運営者は宿泊者の快適さや安全性を考慮して、決められたルールに沿って設備を整える必要があります。

    例えば、宿泊客の安全のために火災報知器を設置する、誘導灯の有無を確かめるなどの必要があります。さらに住宅宿泊事業では、「台所」「浴室」「便所」「洗面設備」の設備が、届出住宅に設けられていることを証明する必要があります。

    法律に基づきながら、宿泊客が快適に使用できる寝具や空間を整える事も重要です。

    手順その3:法律に基づいて運営方法を決める

    民泊事業はいくつかの法律が深く関わります。民泊の運営方法は種類が分かれており、法律に基づいて営業スタイルを決める必要があるためです。

    民泊営業を始めるための許可を、どの法律に沿って申請するかで営業内容が変わります。法律と運営方法については、”失敗しない民泊の始め方「抑えるべき3つの法律」をわかりやすく紹介”の記事で詳しくまとめています。

    営業方針を決める法律についてさらに詳しく知りたい方は、下のリンクをクリックして記事を読んでみてください。

    https://yadokaru.com/start/renting-private-homes/

    手順その4:運営許可をもらうための届け出の準備をする

    民泊の物件や運営方針を決めたら、該当する行政に届け出を出して営業許可をもらいます。民泊を始めるためには、多くの添付書類や証明書、届け出が必要になります。

    営業方針によっても届け先や書類が変わるため、準備は慎重に行いましょう。民泊の始め方で重要な届け出に関しては、詳しくまとめた記事があります。”【ノウハウ】成功する民泊の始め方とは?必要な届け出一覧を解説!”の記事では、民泊の種類ごとに必要な書類一覧を解説しています。

    届け出についてさらに詳しく知りたい人は、下のリンクをクリックして記事を確認してください。

    https://yadokaru.com/start/minpaku-application-documents/

    手順その5:営業開始に向けた準備をする

    民泊営業の開始は、宿泊客が予約をするところから始まります。自分の宿が多くの客の目にふれるように、民泊サイトや仲介サイトなどに登録をしておく必要があります。

    宿の予約獲得のためには、宿を魅力的に見せる工夫も必要です。他にはないサービスや内装など、人気の出る宿づくりの工夫をする必要があります。

    民泊の始め方の基本ステップは以上の5つです。民泊は、物件の準備から宿泊客の集客までを行う事で、営業をスタートさせることができます。

    次の章では、民泊ビジネス初心者が間違えやすいポイントや注意点をご紹介していきます。

    民泊の始め方手順・初心者が間違えやすい2つの罠!

    ペンとノート

    民泊の始め方における‟手順”で、初心者が間違えやすい2つの罠があります。それは、法律に基づいて運営方法を決める時です。

    注意点は2つあります。

    • どこでも「民泊営業可能」な訳ではない
    • 365日営業ができない場合がある

    この2つのポイントは、抑えておくべき大切な民泊のルールです。ルールを知らずに営業を始めたり、ビジネスプランをたててしまった場合は、運営を失敗する大きな原因になります。

    2つのルールは、旅館業法と民泊新法に基づいて民泊運営を始める場合に関わるものです。詳しく解説していきます。

    どこでも「民泊営業可能」な訳ではない

    旅館業法に基づいて民泊運営を始める場合、営業できる地域が限られている事を必ず頭に入れておきましょう。

    日本には、用途地域と呼ばれる決められた土地の活用ルールがあります。12種類ある用途地域の中で、旅館業が営業できる地域は6地域のみです。

    用途地域名民泊営業の不可
    第1種低層住居専用地域不可
    第2種低層住居専用地域不可
    第1種中高層住居専用地域不可
    第2種中高層住居専用地域不可
    第1種住居地域可能
    第2種住居地域可能
    準住居地域可能
    近隣商業地域可能
    商業地域可能
    準工業地域可能
    工業地域不可
    工業専用地域不可
    用土地域12種類

    商業地域や準工業地域などを含む6地域では、旅館業法に基づいた民泊の営業が可能です。それ以外に、国が認めた特別区として、自治体のルールで一部民泊運営が可能な地域もあります。

    代表的な特別区域としては、大阪府や東京都大田区などがあります。

    365日営業ができない場合がある

    民泊新法に基づいて民泊を営業する場合、年間の営業可能日が180日までとされています。180日を超える営業をした場合は、旅館業法にもとづく許可を得る必要があったとみなされます。

    つまり民泊新法ではなく、無許可で旅館業法の民泊を運営したことによる罰が科されます。旅館業法違反の場合は、6ヵ月以下の懲役もしくは3万円以下の罰金になります。

    年間に営業できる日数制限は、民泊運営のビジネスに大きく影響する問題です。後から失敗しないためにも、用途地域や営業日数制限のルールを理解した上で、慎重に運営スタイルを決めましょう。

    初心者でも営業可能!民泊の始め方は基本手順に沿って進めよう!

    枕とベット

    民泊の始め方における基本手順は5つあることがわかりました。例え初心者でも、基本の手順に沿って始めることで、民泊営業を比較的簡単にスタートすることができるでしょう。

    民泊のビジネスは、これからもどんどん伸びて行くと予想されています。新しいビジネスである民泊業は、手探りで経営している人も多いものです。未来の自分の「宿」をイメージしながら、まずは物件を探すところから始めてみましょう!