ヤドカル

Airbnb運営の「物件選び」で注意するべきたった一つのポイント

Airbnbタイトル画像

Airbnbで物件を探す時の注意点が知りたい
Airbnbに利用できるのはどんな物件なのか知りたい
Airbnb運営で成功する物件は見つかるだろうか

といった疑問はありませんか?

この記事を読むと、

POINT
  • Airbnbで物件を探す時の注意点
  • Airbnbに利用できる物件
  • Airbnb運営で成功する物件

を知ることができます。

Airbnb運営を始めるときは、「運営する物件を探すこと」から始めるはずです。この記事は、これからAirbnbを始めるオーナー様に向けて、Airbnb運営の「物件選び」で注意するべきポイントをまとめました。

Airbnb物件を探す時の注意点や、適している物件を知ることができるので、物件を選ぶ時の助けになるはずです。まずは、Airbnbの「物件選び」で注意するべきたった1つのポイントから見ていきましょう。

Airbnbの「物件選び」で注意するたった1つのポイント

寝室

Airbnbの「物件選び」では、注意するべきポイントがあります。

  • 「無断転貸」にならないように注意する

無断転貸とは、物件の家主である人の承諾を得ることをせずに「第三者に転貸すること」をいいます。つまり賃貸物件の場合、物件の家主に許可をもらわないとAirbnb運営には利用ができないのです。

転貸またはAirbnb運営をするためには、物件の家主の承諾が必要です。次の章では、Airbnbの物件を「無断転貸」にしないための方法や対処法をご紹介していきます。

Airbnbの物件を『無断転貸』にしないための3つの方法

ハウスオーナー

Airbnbの物件を『無断転貸』にしないための、3つの方法をご紹介します。

  • 持ち家をAirbnbで利用する
  • 物件の家主にAirbnb運営を認めてもらう
  • Airbnbの利用が可能な物件を探す

Airbnbの物件を運営する時、持ち家を利用することは当然問題ありません。ですが、ほとんどの場合、賃貸物件をAirbnbとして利用するのではないでしょうか。物件の家主やオーナーが許可をしていない状態でAirbnb運営をすることは、法律違反になり罰せられます。

そうならないためにも、物件を正しく利用するための3つの方法を詳しく知っていきましょう。

物件を正しく活用する方法その1:持ち家をAirbnbで利用する

トイレと洗面台

Airbnb運営は、持ち家を利用するのは当然問題ありません。最近では、Airbnb民泊運営用に不動産を購入し、収入を得る目的で不動産投資をする人が多いようです。

旅行客の多い観光地や市街地に所有物件がある場合は、Airbnb運営に利用することで「安定した収入」が期待できるかもしれません。

物件を正しく活用する方法その2:家主にAirbnbを認めてもらう

ハウスオーナーと話す借主

賃貸物件をAirbnbに利用したい場合は、物件の家主にAirbnbに使用することを認めてもらう必要があります。物件の家主がAirbnbなどの転貸を認めているのであれば、賃貸物件をAirbnbとして利用することが可能だからです。

大家さんから直接「物件」を借りることができる場合は、直接交渉ができるので許可をもらえる可能性が高いかもしれません。ですが、仲介業者を挟んでいる場合は、まずは仲介業者を説得して、仲介業者から大家さんに確認をとってもらう必要が出てきます。

どの場合でも、 Airbnbを運営するためのメリットや責任感をしっかりとアピールして、「正式な許可」をもらうことが大切です。

物件を正しく活用する方法その3:Airbnbの利用が可能な物件を探す

物件をパソコンで探す人

物件を正しく活用する方法として、Airbnbの利用が可能な物件を探すようにしましょう。物件を探す時点で仲介業者や大家さんに「物件の利用目的」を伝えておくことが重要です。Airbnb利用が可能な物件を紹介してもらうことが、最も簡単な方法でしょう。

また、仲介会社を挟んで契約する場合は「賃貸契約書の内容」をしっかりと確認するようにしましょう。最もわかりやすいケースは、以下のような内容が記載されていると賃貸でもAirbnb運営が可能です。

  • 賃貸契約書に「民泊利用可能」と明確に記載されている場合

上記とは反対に、賃貸契約書に「転貸借の禁止」や「住居以外の利用用途の禁止」が記載されている物件は、Airbnbで利用することができない物件となります。

万が一、無断転貸があった場合「賃貸人は契約を解除することができる」と、民法 612条で規定されています。

Airbnbの物件選びは、探すときに「Airbnbとして利用する」ことをしっかりと伝えておき、マナー違反にならないようにすることが重要なのです。次の章では、Airbnbに最適な「稼げる物件」についてご紹介します。

Airbnbに最適な「稼げる物件」とは?

Airbnbロゴ

Airbnbで稼ぐためには、「予約が入りやすい人気宿」になるような物件を選ぶことがポイントです。稼ぎやすい物件とは、どのようなものかをご紹介します。

  • SNSで映える物件を利用する
  • 観光地にある物件を選ぶ

SNSで人気のある宿や、観光地に位置する宿は予約が入りやすくなるので、稼ぐためには重要なポイントです。詳しく解説していきます。

「SNSで映える物件」を利用する

インスタグラムのマーク

Airbnbで稼ぐための物件は、「インスタなどで映えるような見た目」を重視しましょう。宿の外装や内装、インテリアなどをこだわるのも一つです。清潔感があっておしゃれな見た目は、目を引きます。写真を見た人が「宿に興味を持って予約をする」行動につながるかもしれません。

なぜなら、現代の旅行業では「インスタグラムなどのSNS」がきっかけで、宿や旅行の予約を取る人が増えているのです。

“民泊運営の成功の鍵!インスタグラムを失敗せずに運用する3つのコツ”の記事では、インスタグラムの「Airbnbビジネス」への影響力や運用の方法をまとめています。SNSと旅行業ビジネスの関係や活用方法をさらに詳しく知りたい人は、下のリンクをクリックして記事を読んでみて下さい。

・参照元URL: https://yadokaru.com/uncategorized/minpaku-instagram/

観光地にある物件を選ぶ

東京の観光地

Airbnbで稼ぐための物件は、年間を通して利用客が安定しやすい「観光地」で選ぶと良いでしょう。Airbnbは「旅行者が利用する」ことが最も多いです。Airbnbの近くに観光スポットがある場合、宿が検索される回数が増えて、予約が入る可能性も高まるのです。

海外からの旅行客を視野に入れるなら、空港からのアクセスが便利なエリアの物件も良いでしょう。物件の魅力は、建物や内装だけではありません。「Airbnbがどこに位置しているか」で、予約が入る可能性が高まるのです。

Airbnbと民泊運営に関する法律

Airbnnbの物件は、「観光地や利便性の良さで選ぶ」とおすすめしましたが、Airbnbや民泊には法律で定められたルールがあります。地域によっては、Airbnb営業ができない可能性があるのです。

“失敗しない民泊の始め方「抑えるべき3つの法律」をわかりやすく紹介”では、Airbnbや民泊を始める時の「法律やルール」についてを解説しています。失敗しないAirbnb運営のための法律を詳しく知りたい人は、下のリンクをクリックして記事を読んでみて下さい。

・参照元URL:https://yadokaru.com/start/renting-private-homes/

Airbnbの「物件探し」に出かけよう

今回は、Airbnbの物件選びで注意するべきポイントや、物件の正しい利用法をご紹介しました。旅行業界は、これから成長をしていくマーケットです。旅行をするときに必要になるのが、旅先で過ごすための宿なのです。自分だけの宿づくりをAirbnbで始めてみませんか?

まずは、Airbnbの「物件探し」に出かけてみましょう。