ヤドカル

民泊の「トラブル予防」に必要な5つの備えとは?【事例と対策法】

問題点をを話し合う

民泊運営ではどんなトラブルが起きるのか?
民泊運営でトラブルが起きた時の対処法は?
民泊のトラブルを予防できる方法はあるのか?

といった疑問はありませんか?

この記事を読むと、

POINT
  • 民泊運営で起きたトラブルの事例
  • 民泊運営でトラブルが起きた時の対処方法
  • 民泊のトラブルを予防できる方法
  • を知ることができます。

    民泊運営を成功させるためには、自分の宿でトラブルが起きないように努めることです。しかし、民泊を始めると、予想もつかない様なトラブルが起きてしまいます。この記事では、過去に起きた民泊のトラブル事例を知ることが出来ます。さらに、起きてしまったトラブルの対処法もご紹介していきます。

    過去の事例を知ることで、起きるトラブルを未然に防ぐことにつながります。まずは、民泊のトラブル予防のために、知っておくと良い5つの備えについて説明していきます。

    民泊のトラブル予防に必要な5つの備え

    トラブルに備える男性

    残念ながら、民泊の運営ではトラブルはつきものです。トラブルは予期せぬタイミングでおきるものですが、あらかじめ備えておくことは非常に大切です。備えあれば患いなし。起きてしまった問題を最小限に抑えることが可能になります。

    トラブル予防に必要な5つの備えをご紹介します。

    • 保険に加入しておく
    • 緊急事態の連絡先を知っておく
    • 宿泊施設のルールを明確にしておく
    • 施錠は厳重にしておく
    • 宿泊施設に高級な製品は置かない

    備品は高級なものを避けておくなど、事前にできる予防策は多くあります。5つの備えを詳しく説明していきます。

    備え1:保険に加入しておく

    保険加入のサイン

    民泊のトラブル予防として、万が一に備え、火災保険及や施設賠償責任保険などの保険に加入しておきましょう。火事などが起きた場合、保険に入っておけばトラブル後の損害を最小限に防ぐことができます。施設損害賠償保険は、民泊にしている施設や備品が原因で宿泊客がケガをしてしまった場合や、宿泊客の所有物を破損してしまった場合の賠償請求金に備える保険です。

    ほかにも、一般社団法人民泊民宿協会の「民泊運営者のための補償サービス」に登録をしておくこともおすすめです。民泊でおこる万が一のトラブルに備えて、保険には加入をしておきましょう。

    備え2:緊急事態の連絡先を知っておく

    連絡先を登録する

    民泊のトラブル予防の備えとして、緊急時に使用する近隣施設の住所や連絡先は把握しておくようにしましょう。病院や警察などの位置を把握しておくことは、緊急のトラブルが起きた場合に役立ちます。住所や電話番号は、すぐにわかる様にメモをしておきましょう。

    備え3:宿泊施設のルールを明確にしておく

    ルールをノートに書く

    民泊のトラブル予防の備え3つめは、宿泊施設のルールを作っておくということです。作るだけではなく、宿泊客に理解をしてもらえるように紙などに記載することをおすすめします。例えば、22時以降のテレビのボリューム音を決めておくことや、ゴミ出しのルールなどを明確化するとよいです。

    民泊で起こりうる騒音問題や、ゴミの不法投棄などのトラブルを予防することにつながります。

    備え4:施錠は厳重にしておく

    鍵のかかった部屋

    民泊のトラブル予防の備え3つめは、貴重品の盗難に備えて施錠を厳重にしておくことです。施錠が必要な箇所は、宿泊客が利用する施設だけではありません。民泊オーナーが暮らす拠点が同じ施設内にある場合は、ドアに鍵を設置したり、貴重品の金庫を作っておくことがおすすめです。施錠を厳重にしておくことで、トラブルに備える事ができます。

    備え5:宿泊施設に高級な製品は置かない

    シンプルなインテリア

    民泊のトラブル予防の備え5つめは、宿泊施設には、高級な備品は使わないということです。高級な備品を置いておくことは、盗難トラブルの原因になりかねません。民泊を運営する場合は、必要最低限の備品でコーディネートするようにしましょう。

    民泊トラブルの事例を知って予防に繋げる

    過去の資料を確認する

    民泊で起きるトラブルは、予想もつかないことが多いです。実際に過去に起きた民泊のトラブルをご紹介していきます。

    ここでは、宿泊者のトラブル事例と民泊オーナー側のトラブルをそれぞれ分けてみていきます。

    宿泊者のトラブル事例

    民泊で起きる宿泊者にとってのトラブルの事例を紹介していきます。

    • 体調不良・ケガ
    • 火事・地震
    • 貴重品盗難
    • オーナーと連絡が取れない
    • 宿にたどり着けない

    宿泊客がトラブルに巻き込まれた場合、民泊オーナーが迅速に対応できるかどうかというのは重要です。過去の事例を詳しく説明します。

    事例その1:体調不良・ケガ

    女性が怪我した足を訪台で治療している様子

    宿泊客が急病になり、部屋で倒れてしまった事例があります。民泊の中で宿泊客が急病になった場合は、施設管理者が病院を利用するための手助けをする必要があります。緊急を要する場合は、速やかに救急車を呼ぶようにしましょう。

    怪我の原因が民泊にある設備や施設である場合は、損害賠償金を請求される可能性があります。施設損害賠償保険に加入しておくことで、支払い金額を最小限にとどめることが出来ます。

    事例その2:火事・地震

    家が火事になってしまった場合

    宿泊施設利用中に、火事や地震に遭ってしまった事例もあります。民泊で火事が起きた場合は、速やかに消防署に連絡をして、宿泊客を外へ避難させましょう。宿泊客に、火事が起きた場合の避難経路を伝えておくことで、命を守ることにもつながります。地震が起きることを想定して、棚の上に大きな物を置かない、安全な家具を設置するなどの備えも大切です。

    事例その3:貴重品の盗難

    男性と女性でトラブルになっている様子

    宿泊客の部屋で貴重品の盗難があり、運営者とトラブルになった事例です。民泊の中で盗難が起きてしまった場合、宿泊客はまず鍵の管理をしている管理者を疑うでしょう。

    そうならないためにも、鍵は暗証番号などで施錠できるものを使うことをおすすめします。各部屋に金庫を備えておくことでトラブルを防ぐことができるでしょう。このように民泊の中で盗難が起きた場合は、すぐに警察に連絡をして現場の事情聴取にきてもらうようにしましょう。

    事例その4:オーナーと連絡が取れない

    青い服を着た女性がスマホで連絡をしようとしている様子

    宿泊客が予約当日にオーナーと連絡が取れずに、宿泊先の民泊にたどり着けなかったというトラブルもありました。これは、宿泊先である民泊の予約ページに記載してあった電話番号が変わっていたことが原因でした。連絡先は、電話番号とメールアドレスなど2つ以上を知らせておくようにしましょう。宿泊客には、常に最新の連絡先を伝えるようにしてください。

    事例その5:宿にたどり着けない

    スマホで地図を確認している様子

    宿泊客が宿にたどり着けずに、迷子になったトラブル事例があります。このトラブルは、予約ページの住所が間違って記載されていたことが原因です。

    万が一、宿泊客が迷子になった場合は、迎えにいくか、電話で道順を伝えてあげましょう。宿泊客は民泊周辺の土地勘が無いことを念頭において、宿までの説明書や地図を用意する様にしましょう。また、予約ページには正しい宿情報を記載するように、作成時には確認を怠らない事も大切です。

    オーナー側のトラブル事例

    民泊の管理者であるオーナーも、トラブルに巻き込まれる可能性があります。オーナー側に起きた事例をご紹介していきます。

    • 設備の破損があった
    • 部屋のルールを守らない宿泊客がいた
    • 騒音で迷惑だった

    宿泊客によるトラブルは、民泊オーナだけでなく近隣にも迷惑をかける可能性があります。事例を詳しく説明していきます。

    事例その1:設備の破損があった

    角が破損している椅子

    宿泊施設の設備等を、宿泊客によって壊された事例です。このような場合は、管理者側が宿泊者へ損害賠償の請求をすることになります。ですが、中には何も言わずにチェックアウトが済み、清掃時に気づくということもあります。

    施設の破損は、修復にお金がかかるだけではなく、その後の民泊ビジネスにも影響します。民泊民宿協会が提供している補償サービスに入会して、トラブルに備えておく様にしましょう。

    事例その2:部屋のルールを守らない宿泊客がいた

    片手にたばこを持つ様子

    宿泊客が決められたルールを守らず運営者とトラブルになった、という事例があります。民泊内は禁煙と伝えていたのに、部屋で喫煙をしていた、立ち入り禁止と伝えていた部屋に無断で入ってきたなど、事例は様々です。

    重要なことは、決めたルールを宿泊者が把握をしているかどうかです。ただ伝えただけ、または予約ページに記載してあるだけでは伝わらないケースがあります。宿泊施設に張り紙をしておいたり、チェックイン時に再度説明するなどの工夫により、トラブルを防ぐことできます。

    事例その3:騒音で迷惑だった

    騒音で寝れない女性

    宿泊客の騒音で民泊周辺に住む人とトラブルが起きた事例もあります。民泊施設は住宅街で運営することが許可されています。宿泊客の騒音は、管理者だけでなく近隣にも迷惑がかかります。近隣に迷惑がかかる前に、管理者が宿泊者に注意しましょう。騒音でのトラブルを起こさないためにも、宿のルールを明確化しておきましょう。

    民泊で多い外国人とのトラブル

    海外からきた旅行者

    民泊を利用する宿泊客は、言葉が通じない外国人である事が多いです。言葉が伝わらないことで、決まりやルールを理解してもらえず、トラブルを起こすこともあります。外国人宿泊客とのトラブル事例をご紹介していきます。

    外国人トラブルその1:ルールを守らない

    外国人に日本語で書かれたルールや決まりを伝えることは、なかなか難しいです。ルールを理解していないことが原因で、近所迷惑になったり、管理者とのトラブルを起こしてしまうのです。

    外国人観光客の言語に対応できるように、翻訳をしたルール表をあらかじめ作成しておくようにしましょう。また、現在は翻訳アプリなども豊富にあります。外国人宿泊客とコミュニケーションをとるときは、無料アプリなどを活用することをおすすめします。

    外国人トラブルその2:マナーが悪い

    外国人宿泊客のマナーが悪く、困った経験のある管理者が多いようです。マナー違反としては、土足のまま民泊を利用したり、洋式トイレの使い方が汚いなどが挙げられます。

    これは、海外での習慣が原因でもあります。日本で暮らしていると当たり前のマナーも、外国人宿泊客から見ると真新しく感じるものが多いのです。トイレの使い方や土足禁止であることを、イラストを使ってわかりやすく伝えるなど、様々な工夫が必要です。

    民泊はトラブルに備えることが重要!宿泊客が安心できる宿づくりをしよう

    民泊のトラブルは、備えを十分にしておくことで予防になり、被害も最小限に抑えることができます。宿泊業の最大のゴールは、宿泊客に満足をしてもらうことです。民泊では、オーナーのこだわりも大事ですが、宿泊者の安全性や快適さを考慮したコーディネートをするようにしましょう。

    トラブルへの備えは、未来の民泊の集客にも影響をするでしょう。宿泊者が安心して快適に過ごせる民泊は、口コミで評判が広がり、経営の安定にもつながるでしょう!