ヤドカル

口コミでわかった!Airbnb利用者が「汚い部屋」認定をする部屋

タイトル

Airbnbで宿泊客に部屋が汚いと思われてしまうのはなぜなのだろう?
Airbnb宿泊客の思う汚い部屋とはどんな部屋なのか知りたい
Airbnbで汚く感じさせない清掃方法や予防策を知りたい

といった疑問はありませんか?

この記事を読むと、

POINT
  • Airbnbで宿泊客に部屋が汚いと思われてしまう理由
  • Airbnb宿泊客の思う汚い部屋とはどんな部屋なのか
  • Airbnbで汚く感じさせない清掃方法や予防策
  • を知ることができます。

    Airbnbで自分の宿を運営しているオーナー様が最も気になるポイントは、宿泊者の宿への評価です。宿の評価は新規客やリピーター客の獲得に大きく影響するため、Airbnbビジネスの成功の鍵となります。「Airbnb宿泊客が宿の評価を決める」理由の多くは、宿の清潔さであるといっても過言ではありません。この記事では、Airbnbの宿の評価を左右する「宿の汚さや清潔さ」についての情報をまとめました。

    まずは、実際に宿泊者が投稿しているAirbnbの口コミを参考に、どんな部屋が「汚い」認定をされているのかを見ていきましょう。

    Airbnb利用者が「汚い部屋」認定する施設とは

    汚い部屋

    Airbnbの宿泊者が感じる「汚い部屋」とはどんなものなのか?それはAirbnbに実際に投稿されている「口コミ」を見ることである程度見えてくるものです。Airbnbの宿の清潔さについて投稿されている口コミを、まとめて紹介していきます。

    Airbnb口コミまとめ

    Airbnbの口コミは、実際に投稿されているもので特に多かった内容をまとめています。

    • キッチン道具が汚かった
    • ベットの汚れが気になった
    • トイレの匂いや汚さが気になった
    • 布団の匂いが気になった
    • 部屋の匂いが気になった
    • 床に毛が落ちていたり、埃がたまっていた
    • 虫の死骸があった
    • ゴミ箱にゴミが入ったままだった
    • バスタオルが使用済み(湿った状態だった)
    • トイレットペーパーが使いかけのものだった
    • 部屋の設備が壊れたままだった

    Airbnbの口コミでわかったことは、ベットや水回りなど使用頻度の高い箇所の清潔さが特に評価の対象になっているということです。次の章ではこれらの口コミを参考に、Airbnbの部屋で汚く感じさせないための部屋の見せ方や予防策を紹介していきます。

    Airbnbで「汚く感じさせない」ための予防策

    掃除中の女性

    Airbnbで宿泊者に「部屋を汚く感じささせない」ためには、隅々まで清掃に気を配る必要があります。実際に紹介した口コミを元に、どのように準備をすることで清潔感が出せるかを解説していきます。

    Airbnb口コミ:1キッチン道具が汚かった

    宿泊客がキッチンを利用した際に、トングやフライ返しなどにあった古いさびつきや、汚れ残りが気になったケースです。キッチン用品の汚れは宿泊客にとって、目に見えない前の客を思わせ、不潔に感じてしまうのです。キッチン用品を揃える時は、1客の使用ごとにコンディションの確認をして、食器用消毒などを行うことをおすすめします。

    Airbnb口コミ:2ベットの汚れが気になった

    汚いベット

    ベットの上に髪の毛がついていたり、シーツのシミなどがそのままになっているケースです。寝具の汚れはキッチン製品同様で、宿泊客が過敏に反応するポイントです。利用客のチェックイン前には、再度ベットの状態を確認するようにしましょう。シーツのシミなどが取れない場合は新い寝具を揃えるなどして、汚い状態をそのまま提供しないようにしましょう。

    Airbnb口コミ:3トイレの匂いや汚さが気になった

    汚いトイレ

    トイレは利用頻度も高く、清潔に保つことが難しい箇所でもあります。特にトイレ内の香りについては、オーナー様側の対策が裏目に出ることもあります。例えば、宿泊客の好みでない芳香剤を使用していた場合でも、利用客は「嫌な匂いがする」と評価をすることでしょう。トイレは部屋に香りがこもりやすいので、強い香りの芳香剤は避けて、万人受けするような香りか無香料を選ぶようにしましょう。また便器内の清掃はこまめに行い、黄ばみや汚れがつかないように心がけましょう。

    Airbnb口コミ:4布団の匂いが気になった

    汚い布団

    布団は、利用客が直接顔をつけるものです。匂いが誤魔化せないため、利用客は敏感に感じやすいのです。何度洗っても布団の匂いが取れない場合は、布団内でカビが繁殖している可能性もあります。カビの繁殖原因になる汗や皮脂を退治するためにも、こまめに天日干しをするようにしましょう。その他にも、消臭スプレーを利用したりクリーニングを利用したりするなどして、清潔な状態を維持することがおすすめです。

    Airbnb口コミ:5部屋の匂いが気になった

    部屋の芳香剤

    Airbnbにチェックインをしてすぐに「部屋の匂いが気になって不快に感じた」というケースも多いようです。人気のAirbnbの部屋であれば、立て続けに宿泊客が訪れるため、前の宿泊客の匂いが残っている場合があります。部屋の匂いの原因はその他にも、排水溝の詰まり、ゴミ箱の匂い、タバコの匂いなども考えられます。芳香剤に頼るだけではなく、匂いの原因になる箇所を清潔にしておくことが予防策となるでしょう。またタバコの匂いは壁に染み付きます。Airbnb施設にタバコに関するルールを設けるなどして、対策を取りましょう。

    Airbnb口コミ:6床に毛が落ちていたり、埃がたまっていた

    床の埃や髪の毛

    床の埃や髪の毛は、オーナー様よりもAirbnb利用客の方が見つけやすいものです。掃除機やワイパーをかけた後でも、見る角度を変えて確認するなどして、念入りに掃除するようにしましょう。濡れ拭き、乾拭きの組み合わせで掃除をすることで、埃や髪の毛は残りにくくなります。

    Airbnb口コミ:7虫の死骸があった

    虫の死骸イラスト

    特に夏場などは、清掃後に虫が入り込み死骸とって見つかるケースもあります。対策として、換気をするときも網戸を使用する、虫除けの製品を使うことなどが挙げられます。清掃をしたお部屋でも宿泊客のチェックイン前には、再度部屋の状況を確認する癖をつけることをおすすめします。

    Airbnb口コミ:8ゴミ箱にゴミが入ったままだった

    満杯のゴミ箱

    ゴミ箱は、必ず空の状態でチェックインをしてもらいましょう。宿泊者が使用する前からゴミが溜まっていることで、一気にAirbnb施設のイメージが悪くなるものです。ゴミが残りにくい洗えるプラスチック製のゴミ箱にする、中に袋を準備しておくなどして工夫をすると良いでしょう。

    Airbnb口コミ:9バスタオルが使用済み(湿った状態だった)

    使用済みのバスタオル

    バスタオルは、チェックイン直前に準備するようにしましょう。あらかじめ部屋に備えておく場合もありますが、その場合湿気で湿ってしまう可能性があります。Airbnbでは新いタオルを準備することはもちろんですが、触り心地の良い清潔感のあるタオルを宿泊客に提供することが大切です。湿った状態のタオルの提供をしないためにも、利用客のチェックイン直前に準備するようにしましょう。

    Airbnb口コミ:10トイレットペーパーが使いかけのものだった

    トイレットペーパー

    トイレットペーパーが使用途中のものであった場合、利用客は「誰かが使ったもの」という認識を持ちます。公共のトイレなどと違って、宿泊するAirbnbには「自分のものとして使いたい」という期待があるものです。トイレには常に新いトイレットペーパーを設置して、使いかけのものは自分たちで使用するなどの気配りは、Airbnbの宿の高評価へとつながるのです。

    Airbnb口コミ:11部屋の設備が壊れたままだった

    壊れた椅子

    Airbnb利用客は、オーナー様よりも部屋で長時間を過ごすことになります。そのため、一度の点検では気づくことができなかった設備の不備や故障も、利用客の方が気づきやすいのです。設備の細かい点検はもちろんですが、部屋に設備に関しての簡単なアンケートを設置しておくことも予防策になるでしょう。また利用客のチェックアウト時に、施設に不備はなかったかなどを訪ねるだけでも、次の利用客の満足度を上げることにつながるのです。

    「Airbnbの清掃はプロに任せる」のも一つ

    清掃用者

    Airbnbの宿の高評価を得るためにも「部屋が汚い」と思わせないことが重要です。ですが、時間をかけて行う清掃でも、ついつい見落としがちな箇所があるものです。その場合は、清掃の代行業者を利用してプロに任せてしまうことも対策の一つになるでしょう。

    Airbnbの清掃代行にに関しては”【民泊の清掃代行】気になる「サービスと料金相場」を徹底解説します!”の記事で詳しくまとめています。代行業者に関してさらに詳しく知りたい人は、下のリンクをクリックして記事を読んでみてください。

    https://yadokaru.com/marketing/inn-cleaning/

    Airbnbの部屋で見落としがちな汚い箇所まとめ

    清掃中の手元

    Airbnbの口コミにはなかったものの、清掃をしていないことで利用客に「汚いAirbnbだ」と思われてしまう箇所をまとめました。

    • ポットの中の汚れ
    • エアコンの埃
    • 配線部分の埃

    Airbnbの利用客は、細かい箇所まで宿泊中にじっくりと見るものです。少しの見落としがAirbnb施設の低評価に繋がり、ビジネスの成功を妨げる原因になってしまいます。見落としがちな箇所の、それぞれの清掃方法をご紹介していきます。

    ポットの中の汚れの清掃方法

    ポットとコップ

    電気ポット内側の汚れの原因は「水アカ」です。水アカは蓄積されると白い汚れとして目に見えるようになるため、利用客にとって「汚いポットが設置されたAirbnb」と思われてしまうでしょう。ポットの掃除には、市販で販売されている「水アカ用クエン酸」や、「ポット用の洗浄剤」を使用して水アカの除去をするようにしてください。

    エアコンの埃の清掃方法

    エアコンの掃除

    エアコンは、こまめにフィルター掃除を行いましょう。内部まで掃除してくれる清掃業者に任せることが理想的ですが、毎回ではコストが重なります。自分で行う場合は、掃除機でフィルター部分の埃を取ったり、フィルターを水で丸洗いするなどの方法で、清潔な状態を維持することが可能です。掃除が完了した後はテスト運転を必ず行い、正常に作動するかの確認も忘れないようにしましょう。

    配線部分の埃の清掃方法

    コンセント部分の写真

    見落としがちな配線部分は、Airbnb利用者が必ず使う箇所でもあります。スマホやカメラの充電をするときに、埃が溜まった配線をみたら「汚いAirbnb施設」と思われてしまうのです。細かい作業ですが、清掃時は毎回全てのコンセントを外して、埃を取り除くことがおすすめです。Airbnb宿泊者の利用する箇所を想定して、細かい気配りができるAirbnb施設こそが、利用客からの高評価獲得につながるのです。

    失敗しないAirbnb運営のために清潔な宿づくりを

    Airbnbの施設で宿泊客に満足をしてもらうためには、細かい箇所への気配りが重要でした。Airbnbの設備や清潔さは、宿泊客を思う真心から生まれ表現されます。チェックイン前のお部屋の準備を徹底して行い、Airbnb利用客に喜んでもらえる宿づくりをしましょう。